英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

『邪馬台国と近代日本』(抜粋)翻訳実践報告—トゥーリー翻訳規範理論に基づいて

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2021-08-15编辑:vicky点击率:667

论文字数:35266论文编号:org202108070807073614语种:中文 Chinese地区:中国价格:$ 33

关键词:日语毕业论文

摘要:本文是一篇日语毕业论文,本文基于图利翻译规范理论,译者完成了《邪马台国与近代日本》的翻译。结合本次翻译理论和历史文本,翻译规范理论可以应用于历史文本的翻译。另外,通过结合多种翻译方法和策略,在保证原文的适当性的同时,也发现了译文的可接受性。

笔者在翻译过程中,在翻译前阶段主要受到初步规范和初始规范的影响。预备规范主要制约译者的文本选择。在这个阶段,译者结合当前的政策、经济和个人爱好,选择合适的教材,考虑文本和文本是否是第一原语,减少不必要的错误。初期规范制约了译者的翻译倾向。翻译者需要选择“适合性”和“接受性”中的某一个,但在实际翻译过程中,完全偏向其中一个是不可能的,两者的绝对平衡是不可能的。


第一章 緒 論


一、任務説明

(一)研究目的と研究意義

近年、東洋史学を研究する学者が増えており、東洋史学に関するテキストを翻訳することで、ある程度の知識を蓄えることができるようになったといえる。『邪馬台国と近代日本』は、東洋史学の成立と邪馬台国について内容を詳細に記述しており、東洋史学を研究する学者にとっては欠かせない資料である。現在、この書籍は中国国内ではまだ翻訳されていない。訳者は当書籍を翻訳することによって、その内容を中国国内の研究者の前に現し、東洋史学の研究にさらに力を入れることができ、国内初訳本も完成することになる。また、今回の翻訳成果は、訳者の指導教師の研究プロジェクトの根拠にもなる。

翻訳のレベルから言えば、今回の翻訳実践はトゥーリー翻訳理論と歴史テキストの試論的な結合である。現在、国内外のトゥーリー翻訳規範理論の研究の多くは、理論のレベルにとどまっており、多くの翻訳実践も文学に関する作品である。さらに、訳者は歴史テキストとトゥーリー翻訳規范理論を結びつけて、歴史テキストにおけるトゥーリー翻訳規范理論の応用と翻訳策略の選択などを探究しようとした。同時に、原文の内容を正确に伝えるとともに、読者の受容性を保証しようとした。この翻訳実践は理論と実際のテキストを結合し、ある程度革新性があり、歴史テキストと関連分野のテキストの翻訳に参考意義を提供することができ、実用価値があると思っている。

.........................


二、先行研究

(一)トゥーリー翻訳規範理論に関する研究

トゥーリー翻訳規範理論は国内外で大きな影響を与えている。例えば、海外のゾハール、ゲンツラー、チェスターマン、ハーマンズと国内の苗菊、張南峰、林克難など、規範理論をめぐって異なった議論を展開していた。本章では上記各学者の観点を次のように論述しようとする。

1.国外研究

20 世紀 80 年代以前、学界における翻訳研究は主にソーステキストを中心に行われていた。翻訳の策略に関しても直訳を中心にして、良い翻訳は原文に忠実であるべきであると考えられていた。翻訳学の研究が進むにつれて、テキストに限られた研究は、翻訳テキストに対する読み手の解釈要求を満たすことができなくなった。

20 世紀 80 年代、描写翻訳学が登場し、翻訳の研究は「規定的」ではなく、「描写的」も必要であり、研究の視野はソーステキストに限らず、それ以外の要素に向けられるべきだと考えられ始めた[1]。描写翻訳学の発展に伴い、描写翻訳学派の代表的な人物ゾハール(Zohar)は『歴史詩学文集』の中で多元的系理論に言及していた。ゾハールの影響を受けたトゥーリーは多元システム理論[2]を深化させた翻訳規範理論を確立したことで系統的に翻訳規範研究を行う第一人者になった[3]。

1995 年、トゥーリーは翻訳が規範に制約された行為であり、規範は翻訳行為と翻訳過程の中心であることを明確に指摘し、翻訳規範の性質、種類と特徴について深く討論した[4]。トゥーリーは「翻訳は行為であり、翻訳規範は内化の規則であり、翻訳過程のあらゆる方策は主に規範に支配されている」と考えている。そして、トゥーリーは規範を予備的規範、初期規範と運用規範に分けている[5]。トゥーリーの翻訳研究は説明性翻訳の研究で、ゾハール多元的システムの概念を参考にして、多元的システム理論に対するいっそうの発展である。トゥーリーの理論に基づいて、チェスターマン(Chesterman,1997)は更に翻訳の規範理論を発展して、翻訳の規範を期待規範とプロセス規範[6]に分けた。チェスターマンは翻訳規範に対する研究は本質的にも説明的である。トゥーリー翻訳規範理論と比べ、具体的な翻訳策略を重視し、訳者の翻訳に一定の指導的役割を果たしている。

.......................


第二章 翻訳理論


一、予備的規範予備的規范

とはテキストの選択に影响する規范のことで、2 つの内容が含まれる。一つは翻訳政策で、翻訳者が目的語の政治、経済、文化および个人の好みの方面から适切なテキストを選択する必要があることを指す。もう一つは翻訳の直接性で、選択されたテキストは第一原語であるか、あるいは再翻訳されたテキストである[24]。翻訳をする前に、翻訳者は「選択されたテキストは翻訳する価値があるのか」「選択されたテキストは第一原語ですか」などの一連の問題を考慮しなければならない。

翻訳活動は最初から様々な要素に制約されていたが、今は中日両国の発展が緊密で、国間の文化交流が頻繁で、中国の文化が国境を出ると同時に、外国の文化も吸収する。本文で選択したテキストは歴史テキストで、内容は東洋史学に関するものである。近年、東洋史学も国内の多くの学者が研究している大ヒットの一つだ。今回の翻訳内容も訳者の指導教師のプロジェクトの根拠だ。だから、トゥーリー翻訳規範理論の翻訳政策に合致している。訳者の調査によると、今回選択されたテキストは第一原語であり、国内にも訳本がなく、今回の翻訳活働も翻訳の直接性の条件を満たしている。

『邪馬台国と近代日本』(抜粋)翻訳実践報告—トゥーリー翻訳規範理論に基づいて

『邪馬台国と近代日本』(抜粋)翻訳実践報告—トゥーリー翻訳規範理論に基づいて

......................


二、初期規範初期規範

には「適切性」と「受容性」が含み、翻訳者が翻訳過程で最も基本的な選択を制約している。「適切性」とは原語に忠実であり、すなわち翻訳者が原文の言語と文化的な要素を忠実に保持することであり、原文の情報が十分に翻訳されることを保証することを要求する。「受容性」とは、訳語の言語と文化の規範に従う、訳文が読者に受け入れられることを保証することである。初期規範は、トゥーリー翻訳理論の中で最も重要な部分であると考えられており、訳文の翻訳の傾向を決定している。その上で、訳者は原文の言葉と風格に偏るか、訳文言語に偏るかを決定しなければならない。でも、トゥーリーは翻訳作品のほとんどがこの両極端に属さず、中間に位置していること[25]を指摘した。

廖七一(2009)は「適切性と受容性は連続体の両端にあり、原文に完全に忠実であり、あるいは完全に訳文に忠実である状況は存在せず、逸脱は避けられず、かつ規範の制約を受ける」[26]というこ论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非