英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

论有岛武郎的《一个女人》中 “本能生活者”的成功

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2021-11-13编辑:vicky点击率:117

论文字数:18666论文编号:org202111081151491572语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本文学论文

摘要:本文是一篇日本文学论文,《某个女人》是一部反映有岛在《毫不吝惜地掠夺爱》中思想的作品。作为一个新女人的叶子走上了觉醒的道路,靠自己的努力实现了一元化的生活,但后篇的叶子却被社会排斥,被家人开除,被朋友排斥,迎来了死亡的结局。

本文是一篇日本文学论文,“本能生活者”或“本能的生活”这一概念是反映有岛武郎所写思想的《毫不吝惜地掠夺爱》中提出的。因此,我们考察了《毫不吝惜地掠夺爱》中出现的相关内容。有岛把立足于个性的人类生活分成三种,分别是“习性的生活”、“智的生活”和“本能的生活”。我知道那种思想在《某个女人》中有所反映。


一、先行研究


1.1 『或る女』についての先行研究 


今まで『或る女』についての先行研究はかなり豊富である。論文の視点は主人公葉子の形象、登場人物のモデル、「或る女のグリンプス」から『或る女』の改稿などの作品論をはじめ、作者の有島武郎論に至って違っている。

『或る女』は有島武郎が生きている当時は評価されなかった。宮島新三郎や石坂養平ら数少ない有島武郎理解者たちも『或る女』を認めなかった。『白樺』同人も同様であった。その原因は『或る女』という作品は有島のイメージと違っていたから、また『或る女』を評価しうるような文学観はまだ出現してこなかった同時代の遅れを示すともいえるだろう。

最初に『或る女』を評価したのは 1927 年に、正宗白鳥は『作家論』で『或る女』について「写実の妙味が全面に満ちあふれて、端役一人でも、決して漠然あらはれてはゐないで、明晰な形を備へて読者の前に生動してゐるのであるが、それにもかかわらず、理想化された小説といふ感じが与へられる」1と、『或る女』のリアリズムとロマンティシズムの均衡して優れている表現を大変好評した。1935 年 2 月、『新潮』座談会「有島武郎研究」は、広津和郎の有島武郎は認めないが、『或る女』を自然主義の代表作であるという発言の他、勝本清一郎が『或る女』が日本のナチュラリズムを西洋的な意味でのナチュラリズムにまで完成している。理想主義的なものを追求しながら、一方現実の一人の女を仮借なく、究極までリアリスティックに造型している。現実に対してリアリストの態度をもって迫ってゆくロマンティシズムだと評価した。宮本百合子は 1936 年に「『或る女』についてのノート」に「……率直に言ってこれは菊判六百頁に近い程長く書かせる種類の題材でなく感じられたし、長篇小説として見ればどちらかと言えば成功し難い作品であるから。しかも、作者は一種の熱中をもって主人公葉子の感情のあらゆる波を追究しようとしていて、時には表現の氾濫が感じられさえする。」「男に対する女の官能の面」に力を入れて追及されていても、それをふくめた「女の全生活」その社会的矛盾やその根源について「比較的常識的な見方で終わってゐる」2と否定的な評価をした。そのほか、平野謙は『或る女』を日本自然主義の代表作とする論もあるが、平野謙の見方は一面的見方として退けれらたと考えていいと思われる。

...............................


1.2「本能的生活」についての先行研究

『或る女』についての先行研究を紹介してから、「本能的生活」についての研究を整理する。

日本側から先行研究を探すと、宮本百合子(1936)は『或る女』では、「男に対する女の官能の面も鋭く忌憚なく描こう」「心が愛すばかりでなく女も男のように肉体で男に引かれるという点」で、「作者としては一歩踏み出した作家的境地においてこの決心をしているのである」と評価したが、「葉子という一箇の女と当時の社会的な事情との相互関係から生じる深刻な摩擦については、比較的常識的な見方で終っている」4という点で足りなく感じた。

石丸晶子(1973)は、「有島が『或る女』において、本能的生活のこの人生における可能性を検証しょうとした」が、「有島のリアリストのウィジョンが図らずとも本能的生活の人生における虚妄を見とってしまった」5と論じた。内田満(1976)は竹芝館の翌日から地獄に墜ちたと感じる茫然たる葉子は捨ててきたはずの世の中からも忘我の世界からも二重に疎外された場面から、「二元的な生活から蝉脱したいとねがい、一元の本能的生活をひたすら志向してきた有島は痛酷な一元の反語を直面したというべきであろう」1と述べた。

笹淵友一(1978)は「有島が作品の中で『霊肉二元』を一元に統一しようとして、理論的にはそれを本能的生活の中に求めながら、実際上では二元の矛盾対立を解決できず苦しんでいた」2と言っている。

片山礼子(2007)は葉子が内田に「なつかしさ」を感じる原因は内田その「澄み透った魂」こそが有島が考える本能的生活に通じるものではないかと考える。

杉山直人(2016)は『或る女』が「これは葉子の性をめぐって一元化を目指した小説が、けっきょくは二元論のままおわっている」のである。また「愛による一元化を理想とする本能的生活を作家自身が作品によって否定することになっている」3と論じた。

日本文学论文

日本文学论文

..............................


、 はじめに


2.1

有島武郎(以下は有島と略称する)の『或る女』はリアリズム文学の最高傑作の一つとして知られている。1911 年 1 月、有島武郎は『白樺』の創刊とともに「或る女のグリンプス」の連載を始め、断続的十六回にわたって続けて、1913 年 3 月までに一応のまとまりができた。その後 1919 年、有島は「或る女のグリンプス」を改稿加筆して全四十九章まで書き下ろし『或る女』と改題して有島武郎著作集のうち前編・後編二卷として出版した。

『或る女』の主人公早月葉子(以下は葉子と略称する)は美貌で賢いコケットである。まだ学生の頃に、衣替えなどに才気溢れている。なまめかしい振る舞いで男性を手際よく操る葉子は、キリスト教従軍記者の木部と恋愛結婚するが、木部の俗っぽさと肉体の弱さに失望し二ヶ月で離婚する。その後、亡き母の遺言によって婚約者木村の待つアメリカへ渡る船中で、野性的魅力的肉体を持つ事務長倉地三吉(以下は倉地と略称する)と恋に落ちてしまう。葉子は倉地の願うように仮病し船に乗って日本へ帰り、倉地との同棲生活を始める。しかし、同船の田川夫人はその恋を新聞により報道したので二人は世間の非難を浴びる。そのせいで倉地は職を失い、やむを得ず売国的手段で身を立てるようになる。葉子は衝撃を受けるが、堕落した倉地と官能的享楽に溺れて子宮病によって自身の健康を害する。ヒステリー症も子宮病もひどくなった葉子は入院するが、仕事が破綻した倉地は行方不明になる。手術失敗した葉子は倉地への執着を抱いて劇痛に苦しんで叫び続いている。

小説の三十五章に、「黒髪を乱した妖艶な女の頭、矢で貫かれた心臓、その心臓からぽたぽた落ちる血のしたたりがおのずから字になったように図案された「乱れ髪」という標題――文字に親しむ事の大きらいな葉子もうわさで聞いていた有名な鳳晶子の詩集だった」1というクローズアップの描写がある。それは与謝野晶子の第一歌集であり、1901年 8 月に鳳晶子の名で刊行されたものである。歌集の全 399 首のなかで、男性に恋する女性身体の部位「うなじ」「肌」「口/唇」「髪」「乳房」「手」「足」「爪先」など论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非